子宮筋腫は低用量ピルが処方される

子宮筋腫とは、発生する場所によって種類が異なりますが、子宮の外側を覆う漿膜のしたにできる漿膜下筋腫、子宮の筋層にできる筋層内筋腫、子宮頸部にできる頚部筋腫、最も症状の重い粘膜下筋腫があります。筋腫の種類によって自覚症状は異なりますが、生理がだらだらと続く、月経料が多い、酷い生理痛や腰痛がる場合には、注意が必要です。子宮筋腫は、女性ホルモンのエストロゲンが大きく関わっているとされていますが、はっきりと原因が解明されていない病気です。
子宮筋腫の治療法の一つのホルモン療法では、低用量ピルが処方されることがあります。以前は、ピルの禁忌の対象のひとつに子宮筋腫がありましたが、きちんと経過観察を行うことで、症状の軽減に役立つ場合が多いです。子宮筋腫で辛い症状として、生理が重く、経血量が非常に多いことです。低用量ピルは避妊目的で処方されることが多いですが、ホルモン剤のひとつのため、服用することで経血量が減り、生理痛を軽減させる効果が期待できます。子宮筋腫の症状のうち、月経過多と貧血を抑えるという点では効果がかなり見込まれます。
しかし、低用量ピルが処方され服用することで、症状が軽くなっても筋腫や内膜症そのものが治るわけではないため、経過観察が大事になります。また、低用量ピルには、エストロゲンが少量ですが配合されているため、子宮筋腫が大きくなるリスクもあります。ホルモン療法では、エストロゲンを抑えることで筋腫を小さくする方法があります。低用量ピルでも少量は配合されているため、筋腫が大きくなる人もいますが、逆に小さくなる人もいます。筋腫の種類や個人差が大きいため、医師の指導のもと、経過観察を行いながら服用すれば問題ないとされています。