ニキビと排卵による女性ホルモンの関係

ニキビは、ホルモンバランスの乱れによっても引き起こされます。女性ホルモンには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類があります。女性ホルモンは、生理周期に併せてどちらかが減ったり増えたりを繰り返します。主に、生理後から排卵にかけては、卵胞ホルモンが徐々に上昇し、黄体ホルモンは低下します。排卵から生理にかけては、卵胞ホルモンが徐々に低下し、黄体ホルモンが一気に上昇するサイクルです。そのため、生理後から排卵にかけては、肌の調子など体の調子が良くなりますが、排卵から生理にかけては、精神的に不安定になったり、ニキビが出来やすくなります。
女性ホルモンが乱れることで、ニキビが出来やすくなります。ニキビ以外にも、生理不順や頭痛、抜け毛、自律神経失調症などを引き起こすことがあります。卵胞ホルモンが正常に分泌されていても、黄体ホルモンが正常でなければ、皮脂の分泌機能が正常に機能しなくなるため、肌が乾燥します。皮脂の過剰分泌はニキビの原因でもありますが、肌を守る皮脂膜を作る役割も持っています。皮脂の分泌が足りないと、肌のバリア機能も低下してしまうため、結果的に肌トラブルを引き起こすことになります。
ホルモンバランスが乱れてしまうと、ターンオーバーも乱れます。ターンオーバーは、正常な場合は28日周期で肌が生まれ変わります。しかし、周期が乱れてしまうことで、いつになっても肌が生まれ変わらない状況になります。
女性ホルモンの分泌のリズムに合わせてスキンケアを行うことで肌トラブルを最小限に抑えることが可能です。特に、肌トラブルを引き起こしやすい排卵後から生理にかけての期間は、余分な皮脂をとることを心がけつつ、肌に負担がかからない程度に角質の手入れを行います。